読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あのね帳

文章の練習

鏡張りのウユニ塩湖に映るパンチラを激写してみた話

f:id:mamiyanone:20160808074302j:plain

 たまたま開催されていたお祭りの仮面を買ったんだけど、これが笑ってしまうほど怖い。

f:id:mamiyanone:20160808071809j:plain

 ぼくみたいな根暗野郎はこのアイテムを装備しておけば誰からも話しかけられなくなるので超便利だ。確実に呪いのアイテムだし、「クレイジー・サイコ・ピエロ」みたいな名前のモンスターと間違えられて通報される危険性があるから全くお勧めはできないけど。

 

f:id:mamiyanone:20160808072116j:plain

 僭越ながら、世界に散らばるバックパッカー男子を代弁して一つだけ叫ばせていただきたいことがある。決してバックパッカー男子を代表する格好ではないのだが、人間は中身こそが大事である。

 

IMG_7097

 マスクを取って思い出したが、ぼくの中身は根暗なオタクだった。大学の仲間内では「貧弱なボウヤ」と呼ばれている。こんなぼくにバックパッカーを代表する資格があるのだろうか。いや、たとえ後ろ指を指されようとも、声を大にして叫ばなくてはならない時が男にはある。ぼくは今日、ボウヤから男になる。

 

バックパッカー男子が抱える悩みとは?

 

IMG_7085

「人目を気にせずエロ動画が見たいよ〜〜〜っ!!!」

「相部屋ばっかで一人の時間が無いんだよ!!!奮発して個室に泊まったときに限ってwi-fiがクソなのなんでなんだよ!!!」

IMG_7086

「せめて!!!せめてエロ画像が見たいよ〜〜〜っ!!!!」

「撮れたてピチピチのパンチラがみたいよ〜〜〜〜っ!!!!」

IMG_7063

・・・ん?

IMG_7073

「アワワワワワワ〜〜〜〜〜!!!!ここ鏡になってますや〜〜〜〜ん!!!!」

「撮れてしまう!!!パンチラが撮れてしまう!!!!!」 

 

撮影開始

IMG_7046 (1)

 というわけで、スカートを履いてきた。ちなみにパンツは白である。白い雲。白い大地。白い下着。

 

 女子のパンツを想像したスケベな皆様におかれては「お前が履くのかよ。ゲロ吐くわ」とご不満のことだと思うが、ジャポンの立派なネット回線で好きなだけxvideoを楽しめるんですからぐっとゲロを飲み込んでください。ぼくだって心では泣いているのだ。ウユニの塩水は涙の味がした。

 

IMG_7088

 さて、ご覧のようにただ立っているだけではスカートに遮られてパンツが見えない。

 しかし、「大自然の力」に「人間の知恵」が合わされば、越えられない困難など存在しないはず。ここはスカートを短く履いた上で、脚を広げてジャンプしてみたい。「人間の知恵」の側、我ながら頭が悪すぎる。

 

 

 

 

 

IMG_6987

IMG_6988

「お前が深淵を覗くとき深淵もお前を覗いているのだ」

 

 残念ながらパンツは写らなかった。曇り空で薄暗い事もあり、深くて暗い闇を覗き込んでいるような気分になる。海外まで来てこんな格好をして、心がダークサイドに堕ちかけているのは確かだろうが。

 どうやら光量が足りないようなので、こちらのライトをパンツに挿入してみる。

IMG_6966

IMG_6969

 「足りてないのは光じゃなくて恥じらいでは・・・?」という声が聞こえてきそうだが、一番不足しているのは常識だ。

 

IMG_7090 (1)

 途中、ライトの位置取りに失敗して「おちんちんが発光する人」になるなどのアクシデントもあり撮影は難航。この辺りで寒さが限界に達し、空も陰り始めたため、一旦引き上げて天気の回復を待つことに。

 ホテルに戻って他の日本人旅行者と一緒に晴れるよう祈っていたのだが、ぼくの形相があまりに必死だったようで、「よっぽど鏡張りが見たいんだね」と笑われてしまった。すいません。ぼくが見たいのは鏡じゃなくてパンツです。

「お願い神様・・・。どうか晴れさせてください・・・!!」

 

 そして数時間後・・・

 


IMG_6993

これ以上無いくらい晴れた。ありがとう、スケベな神様。

これならライトを使わずとも光量は充分足りるはず。

スケジュール的に撮影のチャンスはこの日がラスト。絶対に成功させたい。

 

 

 

 

 

IMG_7056

IMG_7082

IMG_7058

「パンチラ〜〜〜っ!!!水揚げされたばかりの撮れたてのパンチラだよ〜〜〜〜っ!!!」

 

 夢の果て

 こうして、苦労の末にパンチラを撮影する事に成功した。 

IMG_7106

 南米諸国では、トイレに紙を流すことができないため、使用済みの紙は備え付けのゴミ箱に捨てるスタイルが主流だ。効率を求めるトイレットペーパー派の諸兄は、うっかり流してトイレを詰まらせてしまうことのないよう、充分に気をつけて欲しい。

 では、また。